広島県地域包括ケア推進センター

医療介護連携構築支援

在宅ケア推進事業

地域リハビリテーションの推進

相談・研修事業

情報発信

業務ご案内

高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援サービスを切れ目なく提供する仕組みを「地域包括ケアシステム」と言います。センターでは、その仕組み作りを推進するため、医療介護連携の構築や地域包括支援センターの活動支援を行います。

医療介護連携構築支援

地域包括ケアシステムを実現するための基盤づくり

各市町や日常生活圏域での多職種、特に医療・介護関係職種間の連携を図るための基盤づくりを行います。

●多職種連携推進ワーキングチーム会議の運営
医療・介護連携構築のための具体的な方策や事業の検討、検証などを行い、多職種の連携を推進していきます。
●チームケア推進モデル事業
医療介護の連携に基づくカンファレンスの実施などを行い、退院支援から生活の場における療養支援、急変時の対応や看取りの時の連携体制での連携の課題を明らかにするとともに、その改善策を検討するモデル事業を各市町で実施します。
●専門外知識の習得研修
医療介護連携の基礎となる専門外の基礎知識の取得などを目的とする研修を各専門職能団体と協力して実施します。
▲画面上部へもどる