機構ご案内

機構の目的と業務

ごあいさつ

組織概要

機構の沿革

情報公開

交通のご案内

貸会場のご利用について

機構の目的と業務

公益財団法人広島県地域保健医療推進機構は、地域医療の確保や総合的な健康づくりの推進とともに、
地域包括ケアシステムの構築を推進し、県民の健康と福祉の向上に寄与します。

主な業務内容は次の通りです。

(1)地域医療を担う医師の配置調整、定着支援
(2)地域包括ケアを推進するための医療介護連携の構築支援及び在宅ケアの推進
(3)生活習慣病や結核などの疾病予防に関する知識の普及啓発や関係技術者の研修
(4)結核やがん、循環器疾患などの早期発見、早期治療のための健診
(5)結核などの呼吸器疾患を中心とした疾病の診療及び感染症の発生・まん(蔓)延予防のための予防接種
(6)健康福祉センターの建物の管理や研修室などの貸し出し

このほか、公益財団法人結核予防会及び公益財団法人日本対がん協会の広島県支部としての業務を行っています。

【経営理念】

私たちは,行政をはじめとした関係機関と連携・協働しつつ,地域医療の確保や,
総合的な健康づくり,地域包括ケア体制の構築支援に関する取組みを推進し,
県民が健康で安心して暮らすことができる地域社会の実現をめざします。

【職員の行動指針】

1 社会貢献・公益の実現
私たちは,日々の業務を通じて,公衆衛生の向上と地域社会の発展に寄与します。

2 顧客満足
私たちは,お客様の立場に立ち,心のこもった信頼されるサービスの提供を行います。

3 プロ意識の徹底
私たちは,健康づくりの専門家として仕事に誇りを持ち,高い志と責任感を持って誠実に行動します。

4 精度管理
私たちは,常に高い技術と最新の知識を習得し,精度が高く効果的な業務の実施に努めます。

5 コンプライアンス・社会的責任
私たちは,関連する法規制を遵守し,社会的公正や倫理,環境に配慮し,責任ある行動をとります。

▲画面上部へもどる